英語が必要になってくる貿易の仕事を調べよう

海外に関わりを持てる仕事

日本は外国と様々な取引を行なっています。そのため、昔よりも外国を身近に感じながら仕事をすることができるようになりました。

貿易関係で選ばれる仕事をランキング

握手
no.1

事務業務を行いながらスキルを身につけられる貿易事務

貿易商品の輸出入に必要な手続きや書類作成を行うのが、貿易事務の仕事になります。また、外国にいる企業との取引連絡なども多いことから、英語や様々な国の語学力が必要になります。

no.2

税関手続きを行ってくれる通関士

輸出入には税関手続きが必要になってきます。その時、外国にいて手続きが行えない企業に代わり、代行してくれるのが通関士になります。

no.3

空港や港で様々な検査を行う税関職員

税関職員の仕事は、「税金の徴収」と「通関手続き」になります。そのため、空港や港などで、輸出入してきた物がきちんと関税や消費税が支払われているかをチェックしています。

no.4

店頭に並び商品を買いに行くバイヤー

日本や海外などを飛び回り、小売店や百貨店などに並ぶ品を買い付けるのが、バイヤーの仕事です。どういったターゲット層を考え、どれくらいの仕入れを行うかも考える必要があります。

no.5

外国の人と日本人を結ぶ通訳

日本には、アメリカ以外にも様々な国から多くの外国人が訪れます。そのため、2つ以上の言語を使い、訳すことができる人を通訳と呼び、様々な場面で手助けをします。

英語が必要になってくる貿易の仕事を調べよう

握手

貿易関係の仕事で大切な英語

貿易は外国と関わる仕事になります。そのため、通訳を利用することもありますが、世界共通語となっている英語を覚えている事を、採用条件としている企業は多くあります。

履歴書

英語ができなくても貿易関係に就くことはできる

英語を取得している事は、貿易業務には重要とされています。しかし、全ての貿易業務で、英語が必要かといわれるとそうではありません。営業マンと二人三脚で、日本で業務を行っている人も多くいます。

JOB

コミュニケーション力も必要になる

英語が喋れないからといっても、ジェスチャーや翻訳アプリなどを使うことで、コミュニケーションをはかることはできます。誠意を伝えることが、仕事において重要になります。

メンズ

臨機応変な考えが大切

外国では、日本では考えられないようなことが多く起こります。そのため、トラブルが発生しても、慌てず臨機応変に物事を考える力が大切になってきます。

最初は大変だがスキルを身につけられる貿易

貿易の仕事は、外国人を相手にしている事が多くあります。そのため、日本では当たり前の事が、通じないことも存在します。最初はそれに戸惑ってしまう仕事も、経験を積むことで、自分の大きな武器に変わります。

広告募集中