様々な専門職を調べてみよう

日本には様々な仕事が存在します。その中には、資格が必要であったり、条件が整っていないと就職できない仕事もあります。そういった専門職を調べてみましょう。

人材派遣会社で専門職を探す流れ

レディ

自分の持っている資格を派遣会社に伝える

派遣会社に登録する際に、自分が持っている資格やスキルを伝える必要があります。派遣会社はそれに合わせて、その人に合った仕事を紹介してくれます。

資格を活かせる企業と顔合わせをする

面接での雰囲気や資格内容などを照らし合わせ、派遣会社が一番合うと感じた企業と顔合わせを行います。面接に近いですが、きちんとした言葉使いや意気込みを伝えることが大切です。

問題がなければ企業へ派遣

企業側から問題がないと判断されれば、いつから出勤して欲しいとの連絡が派遣会社に届きます。そこから、最終確認を行い、勤務可能となれば、派遣スタッフとして、契約期間を設けて仕事を行います。

派遣から正社員への道もある

企業へ派遣された際に、高い成績や会社への功績を残すことができれば、企業から直接採用される事もあります。

保育園と幼稚園の仕事を比較してみよう

子供の保育を委託された保育園

保育園では0歳から小学校入学までの乳児や幼児を預かる施設になります。また、トイレや着替えなど、生活に必要な保育を教えることが主です。

子供の心身の発達を助ける幼稚園

幼稚園は、子供達と遊びながら、学びを教えていく場所です。そのため、きちんと勉強するカリキュラムも組まれている幼稚園が多く存在します。

転職を考えた時資格とやりたいことを照らし合わせてみよう

男女

転職するなら同じスキルを活かせる仕事に

京都などに引っ越しを決めた際、今いる職場を退職し、新たな仕事を始めると考えた際、同じスキルや資格を活かせる求人をメインに探すことがいいとされています。たとえば、保育士の資格を持っていれば、保育士の他に、ベビーシッターなどの仕事に就くこともできます。自分が過去に経験している仕事であれば、慣れるのにも時間はかかりません。

ウーマン

全く違う職種に就くのも冒険

前は保育士の仕事をしていたが、洋服などを作るのが好きとアパレル関係の仕事に就くのも、新たな知識を身につける事ができます。また、子どもと触れ合っていた保育士だったからこそ、子供服の利点や改善点などにも目をおくことができます。

男の人と女の人

自分に合った仕事を選ぶのが一番大切

どんなにスキルを持っていても、不得手な仕事を続けるのはとても難しいことです。そのため、同じスキルを持って、同じ仕事を続けるのもいいですが、全く別の職種へ転職してみるのもいいかもしれません。

[PR]
保育士に転職希望
新卒の採用も可能!

[PR]
貿易には英語が必要?
ノウハウをGETしよう!

[PR]
幼稚園の求人をチェック
利用状況について調べておける

広告募集中